センターローディング・コイル

トップページ(メニュー)設計計算


動作中心周波数  MHz
長さ h  m
長さ h  m
直径 d  mm
アンテナの物理長 0.106 λ
499.687 Ω
2218.724 Ω
インダクタンス 100.034 μH


●センター・ローディング・アンテナを製作する場合の、ローディング・リアクタンスの値を近似的に求めることで、ローディングコイルのインダクタンスを計算します。 ●h+hの値は0.25λ未満が条件ですが、0.25λに近すぎたり、極端に短いと不正確になります。ローディングコイルの挿入位置h/hが約0.8以上ではローディング・リアクタンスが急激に増加し、ローディングコイルの損失も増えてきます。コイルの寸法による影響、耐電力、マッチング等は別途検討してください。 ●参考文献:アンテナ・ハンドブック、CQ出版、2002年5月15日第24版  ●数値は半角で入力してください。 ●計算実行ボタンを押すと、計算を実行し、ページが更新されます。

(メニュー)設計計算 へ戻る