リンク集:ゲルマラジオの遠距離受信情報

トップページ > リンク集 > リンク集:ゲルマラジオの遠距離受信情報

FMゲルマラジオの遠距離受信

FMゲルマラジオの受信成功者は管理人CRLだけではありません! それも私より遠距離で受信に成功されています!!FMゲルマラジオを追試していただき、とても嬉しいです。僭越ながら受信状況を表にしてみました。

受信距離受信した局アンテナ受信者
(敬称略)
受信年月リンク・備考
150mFM新津(20W)λ/4ワイヤー宮澤博士2008.8宮澤博士のBlog日記!FMゲルマニウムラジオ!
500mFMみっきい(20W)ダイポールしろくま2006.4VHF-FM ゲルマラジオの実験 #1〜5
800mPitch FM(20W)ロッドアンテナMIKE2008.5アンテナは乗用車の窓ガラスにクリップで固定
ダイポール2010.5FMゲルマ ワイズ検波Fゲルマのフィールドテスト
2.0kmNHK富山-FM(1kW)ロッドアンテナCRL2007.9ゲルマラジオでFM放送を受信したい
4.2kmFM新潟、等(各1kW)V型ダイポール宮澤博士2008.9宮澤博士のBlog日記!ダイポールで4.2Km受信成功!
5.5kmNHK富山-FM(1kW)2エレ八木CRL2010.5再・ゲルマラジオでFM放送を受信したい
9.0kmkiss FM神戸(1kW)ダイポールしろくま2006.4VHF-FM ゲルマラジオの実験 #1〜5
10.8kmFM新潟、等(各1kW)5エレ八木宮澤博士2008.9宮澤博士のBlog日記!FMゲルマラジオ、10Kmまでオッケー!
13kmFM新潟(1kW)1λループ宮澤博士2009.2宮澤博士のBlog日記!FMゲルマニウムラジオで13Km受信に成功!

放送局の出力やアンテナの種類、ローケーションなどで受信距離は変化します。ちなみに、宮澤博士様はRFな秘密兵器を用いて26kmの受信にも成功されたそうです。受信実験の詳細は、リンク先をご覧下さい。

MIKE様からはメールでご報告を頂きました。地上高2mに配置した55cmの7段式ロッドアンテナを、約3mの50オーム同軸ケーブルでラジオに接続、コミュニティFM局の放送塔から120m、500m先できれいに受信されており、800m先での受信状況は「放送内容がかろうじて解る程度」ということです。また後日、復調方式とアンテナを変更されたフィールド実験の結果を、ネット上でご発表されています。

しろくま様は管理人より1年以上も前に、それも長距離受信に成功された大先輩であり、当時は結果をmixiで発表されていたそうです。リンク先には特記付きのベリカードもあり、必見です。


他の皆様も新たな受信結果が得られたなら、上記の表に記録を連ねてみませんか。受信成功のメールをお待ちしております。チャレンジされる方は、FM放送遠距離受信の主要点が役立つかもしれません。
(2008/9/13 「続・ゲルマラジオでFM放送を受信したい」に「遠距離受信者現れる!」の章を追加(宮澤博士様)、2008/11/1 追記(MIKE様)、2009/3/22 追記(宮澤博士様)、2010/1/17 追記(しろくま様))、2010/4/29 本ページに移動、2010/5/16 追記(CRL)、2010/6/13 追記(MIKE様))


AMゲルマラジオの遠距離受信

管理人の主観で、これは凄い!と思われる記録をまとめてみようと思います。

受信距離受信した局アンテナ受信者
(敬称略)
受信年月リンク・備考
43kmBSN新潟放送(5KW)ループアンテナ
(直径約80cm、長さ約2.5mのLANケーブル)
宮澤博士2007.1ラジオ: 宮澤先生のBlog日記 Part2!
(弱いながらも受信)
63kmNHK新潟局 第1放送(10KW)
65kmNHK新潟局 第1放送(10KW)ループアンテナ
(2.8m×2.8m、4巻)
宮澤博士2008.6超巨大ゲルマニウムラジオ in 山本山高原!
(NHKの2局は実用的な音量、BSNはかすかに)
73kmBSN新潟放送(5KW)
313kmNHK秋田局 第2放送(500KW)

電離層の影響で、夜間の中波は遠方まで到達することが知られていますが、日中でも遠距離受信に成功した凄い記録がありました。さすが、ループアンテナもこれだけ大きいと運用も苦労しますが、すばらしい性能を発揮しています。


(2013/10/14 (宮澤博士様))


昭和2〜18年の受信記録

内田 秀男 (うちだ ひでお、1921年−1995年)氏は、日本放送協会技術研究所に在籍していた昭和28年、鉱石ラジオによる遠距離受信の状況を雑誌(1)に発表しています。 この発表を元に受信距離を確認してみました。ただし、受信地や送信所の位置は詳細が不明なため、都市間のおおまかな距離を見積もり、表示したものです。ちなみに、新京第一は現在の中国 吉林省 長春、新津は現在の北朝鮮 咸鏡北道 チョンジン市、京城第二は現在の韓国 ソウルと推測して距離を求めてます。

周波数(kHz)呼出符合局名出力(kW)距離(km)(福井)距離(km)(東京)
540RW54ハバロフスク15014001375
560MTCY新京第一101270
590JOAK東京第一150315
618KZRMマニラ502735
635RW32ウラジオストク10860
610XGAP北京第一501800
690JOBK大阪10160
830JOFK広島10385
880JBCK新津101260
870JOAK東京第二150315
900XOJB上海101445
970JODK京城第二508201140

出典(1)の文中に「筆者もいろいろと苦心して過去十数年に亘りDX受信を実験している。」とあり、使用した鉱石ラジオは一般的な回路構成のもの以外に、鉱石検波器にバイアスを加えたラジオであったり、受話器はドイツ製ボールドウイン受話器で「感度は普通の受話器よりはるかに優秀なもの」を使用したようです。

受信地は福井と東京の2カ所であり、受信期間は昭和2〜18年とされています。氏の経歴を書籍(2)で確認すると、出身は福井県であり、昭和16年に東京へ移住しています。福井で使用したアンテナは「高さ約18m,水平部約18m の逆L 型」であり、東京で使用したアンテナは「高さ約45m,水平部約50m の傾斜型アンテナ」と考えられます。アースは「始め鉛管を使用していた」とあり、水道管アースであった可能性があります。時期は判然としませんが「その後真鍮パイプ直径20mm,長さ約6m のものを埋設,そのまわりに粉炭を埋めたものを使つた」そうです。

出典
(1) PDF: 鉱石とその受信機 内田秀男 著(『無線と実験』(1948年3月号)を元にPDF化されたもの)
(2) 書籍:「秋葉原、内田ラジオでございます。」内田久子 著(廣済堂出版、2012年第1版第1刷)

中波の場合、遠距離受信は電離層の影響もあるため、後日の受信再現は難しいものがあります。また、受信アンテナが大型化すると、指向性が生じやすくなるので、設置方向による影響が考えられます。過去と現在では色々と環境が違いますが、いずれの受信結果にも驚かされます。


参考

日本のラジオ放送局 - Wikipedia 、 日本の放送送信所一覧 - Wikipedia
周波数、出力、主要な送信所の住所を知る手がかりになります。
2地点間の距離と方位角
地球上の2地点間の距離を求めるサイトです。

(2013/10/14 本章追加)