ゲルマラジオの試作工房

このサイトで紹介するゲルマラジオ(ゲルマニウムラジオ)は、電源が不要なラジオです。電池も使わず、わずか数個の電子部品だけで、ラジオ放送を聴くことができるのです。無電源でいつまでも鳴り続ける不思議なラジオを、みなさんも楽しみませんか?

ゲルマラジオは構造が簡単なため、電子工作の入門に適した題材です。乾電池を使わないので電気代はタダですし、電源の切り忘れもありません。台風や地震で停電になってもラジオが聴けることも、ゲルマラジオの魅力です。深夜放送を一人で聴く場合や非常用ラジオとしても利用価値があります。このサイトでは、管理人CRLが自作したゲルマラジオの紹介や、初心者向けの入門記事、上級者向けの特集記事などがあります。みなさんの参考になれば幸いです。


電池が無くても鳴るラジオ

ゲルマラジオの画像

サイトの構成 Contents

入門・受信の仕組み
ゲルマラジオの解説ページ。構造や仕組み、部品の説明、FAQなど。
ゲルマラジオの試作
回路は簡単でも、様々なゲルマラジオが組み立てられます。
無電源ラジオの試作
受信した電波のエネルギーだけでトランジスタを駆動しているラジオです。
特集・受信レポート
ゲルマラジオに関する実験や話題について。
設計計算 [New]
無線や電子回路などの設計、検討に必要な計算を行うページです。
リンク集
ゲルマラジオ、鉱石ラジオの世界が更に広がります。

更新状況 What New!

2016年11月11日、27日 
設計計算を追加しました。[New]
2016年1月31日 
AMゲルマラジオの受信距離を改定し、ワイヤーアンテナ型における受信距離の推定を追加しました。
2015年9月21日 
リンク集:ゲルマラジオにおける学習教材としての考察と注意点を追加しました。リンク集で2件のアドレスを更新しました。
2015年7月7日 
ホームページを移転しました。
 新URL: http://crystal-set.com/
 旧URL: http://www.k5.dion.ne.jp/~radio77/
お気に入りやブックマークに登録された方、リンクを貼られた方は、お手数をおかけしますが、変更をお願いいたします。 m(_ _)m

お勧め内容

  1. ゲルマラジオが始めての方は、入門・受信の仕組みをどうぞ。入門編だけ目を通していただければ、概要が分かります。
  2. ゲルマラジオはAM(中波放送)を受信するのが相場ですが、FMゲルマラジオは、FMを受信する珍しいゲルマラジオです。特集・受信レポートにおいて、近距離ながら実際にFM放送が受信できることを確認しています。
  3. 受信条件が良ければゲルマラジオでヘッドホン、スピーカーを鳴らすことが可能です。当サイトでも壁ループ・ゲルマラジオなどにアダプターを接続することで、ヘッドホン、スピーカーを鳴らすことができました。もちろん、電源は使っていません。

鉱石ラジオ・コミュニティ

国内最大級のSNSであるmixi(ミクシィ)には、鉱石ラジオ・コミュニティがあります。コミュニティには初心者から上級者まで多彩な方が集っており、情報交換や自作品の発表、質問、雑談など、色々な話題で溢れています。私も参加しており、コミュニティの副管理人を務めています。

鉱石ラジオ・ゲルマラジオに興味がある方は、コミュニティへの参加大歓迎です!mixiに登録後、鉱石ラジオ・コミュニティに参加して頂ける方は「友人(マイミクシィ)」に私(ニックネーム「CRL」)が対応するので、連絡をください。(ミクシィでは、友人(マイミクシィ)を設定しないと、ミクシィの利用が継続出来ない仕組みです)

解らないことがあれば質問してください。CRLがお答えします。安心したおしゃべりや熱っぽい議論も可能な鉱石ラジオ・コミュニティでお待ちしております!

性能は悪いけど、感動がある!

ゲルマラジオになぜ魅せられるのか。ゲルマラジオの構造は、ラジオ放送が始まった初期の原始的な構造です。たった数個の電子部品だけが存在する、ただそれだけで、人の声や音楽が聞こえてくることは感動ものです。しかも停電、電池切れの心配もないので維持費は0円と経済的です。欠点は、電池を使う現在のラジオと比較すると性能が悪いこと・・・。しかし、これが逆に、どうしたらより大きな音量でラジオが鳴るのか、色々と考えたり工夫したりと、チャレンジ魂に変化します。

ゲルマラジオの画像

家電量販店ではゲルマラジオを販売していません。未完成品のキット又は部品を個々に買い揃えて自分で作るしかないのが現状です。自分だけのオリジナルなラジオを作る機会がここにあります。作り上げたラジオは、無電源でいつまでも鳴り続け、自作した達成感を与えてくれます。HPの管理人CRLは、就寝時にゲルマラジオを聴くことが、眠る前のささやかな楽しみとなっています。ゲルマラジオは構造が簡単なので、子供には自由研究や夏休みの工作に適していますし、大人もシンプルな仕組みの中に、科学技術の奥深さを覚えることと思います。
(2007年7月7日)

ゲルマラジオの性能

電波の強さ(電界強度)は、放送局のアンテナ塔から離れるほど弱くなります。当サイトの管理人CRLは、アンテナ塔(5kW局)から約14キロメートル、木造住宅の2階において受信しています。当サイトで紹介している受信結果は、ロケーションなど各種の状況を考慮してご理解をお願いします。

ゲルマラジオは増幅回路を持たないため、電波が弱い場所では聞こえません。この場合、特に性能の良いアンテナとアースがセットで必要になります。仮に聞こえたとしても、蚊が飛ぶような小さな音量であるかもしれません。お住まいの住宅事情によっては受信不可能な場合もありますので、ご了承ください。

一般的なゲルマラジオの性能についてですが、研究途中なため分かりにくい内容ですが、現状ではAMゲルマラジオの受信距離を参考として下さい。


お問い合わせ  サイトマップ  ブラウザは各社最新版をご利用下さい(PCではIE9以降を推奨、IE8以前は表示が乱れます)